☆元船町通信☆

!!長崎市元船町・自治会の広報ブログ!!

元船釣具店

【唐人船の航海日誌 】8月16日 日曜日

お盆も終わりました。

公民館では、一人、采を作る長采の姿がありました。

飾り船頭から庭先用まで、色々な采を30〜40本程作ります。

竹を切る事から始まり、削って、塗装も5層。先には木製の駒を差し込まれ、シロの皮、その上から網が巻かれ、糸で縛り付ける。
握りにも滑らぬ様 しっかりと綺麗な糸が巻かれます。
最後は三角旗のを取り付ければ終わりです。

一見簡単そうですが、手間も時間もかかり、数多く作るのは大変です。

今年は一部、新しい三角旗のデザインも変わり、こちらも楽しみです。

(楽隊長)

写真解説:
船の横で、采に駒を付けシロの皮と網を巻き付けている長采。
御船倉は、まるで釣具屋と間違える程。
采は一人一人に合った長さに、太さ。
バランスを考えて作られて行きます。